短時間で名刺印刷をしたいときに気を付ける点をご紹介します

“名刺はビジネスを行う上で、必需品ともいえるアイテムです。相手に対して自社や自分自身をアピールすることができ、渡すことでビジネスマナーが備わっている、信頼できる相手だと印象づけることができます。とても便利な名刺ですが、印刷物ですので、使っているうちに在庫がなくなってしまうようになります。大切な商談相手とこれから会うというのに、名刺が手元になければ一大事です。すぐに名刺印刷を依頼するにしても、納品まで数日かかるのでは間に合いません。今では家庭用プリンターでも名刺を作れる時代になっていますが、ビジネス用に高品質で見栄えの良さを求めるなら、名刺印刷の会社に依頼するのがベストです。ありがたいことに名刺を即日で納品してくれる印刷会社もありますので探してみるとよいでしょう。

名刺を短時間で依頼する際には予算と時間に注意

注文をしたその日のうちに名刺印刷を実現させ、納品してくれる印刷会社を探すのであれば、インターネットが便利です。検索機能を使えば素早く探し出せます。注文の際に気をつけるべき部分は、追加料金をよく確認することです。即日納品のサービスを利用すると、特急料金といった追加料金がかかってくるのがほとんどです。割と高額になる例が見られますから、基本料金以外の予算を確保しておく準備を怠らないようにしましょう。即日で納品できるとはいえ、印刷会社はいつでも受け付けてくれるわけではありません。注文や入稿時間に制限が設けられていますので、時間内に手続きを完了する必要が出てきます。制限時間が過ぎてしまえば追加料金を支払ったとしても、翌営業日以降の納品になってしまいます。

原稿チェックを入念に行うことが大事

制限時間に入稿が完了すればそれで一安心とはいきません。原稿の作成方法に不備があると、印刷会社は名刺印刷を開始できないからです。データに問題があれば、修正してもう一度入稿しなければならないといった時間のロスが発生します。その間に制限時間を過ぎてしまうと、即日納品に間に合いません。印刷できるデータを入稿しても、まだ安心はできません。文字の入力や配置を間違うと、そのまま印刷されてしまい、失敗作が完成します。再び発注する手間がかかり、短時間で名刺印刷を完了することができなくなります。データの不備を解消したいなら、印刷会社が用意するテンプレートを活用するのがおすすめです。入力や配置の問題については自分自身で入念にチェックをするしかありません。時間的な余裕をもって原稿作成を終了させておきたいところです。”