名刺印刷にかかるコストについて説明します

“仕事をするとき、特に営業でいろいろな企業を回る方であればどうしても名刺は必要不可欠なものとして挙げられます。その挙げられる名刺をどのようにするか、たいがいは会社の名刺が印刷されて使うのですが、小規模な企業や個人事業主の場合は名刺印刷を行う必要があり、そこから名刺を作って使う必要があります。最近では個人の名刺を作って交流会やパーティーなどで渡す機会もあるため会社員であっても個人の名刺印刷を行ってつくり、配ると行った方もけっこういます。しかし名刺印刷とひとえに言っても様々な方法があるのですが、その中でも自分で行う方法と、業者に頼んで印刷を行う方法と2つが有ります。その2つの方法ともコストがかかるのですが、それぞれかかるコストが異なります。それぞれで見てみましょう。

自分で名刺印刷をするとどれくらいコストがかかる?

まずは自分自身の手で名刺印刷をする方法ですが、簡単に言えば「名刺印刷用の紙を買う」「プリンターを使う」の2つに分かれます。もっとこだわりたいのであれば「名刺作成ソフトを購入して使う」と言った方法もあります。今回は大きく分けて3つのコストを取り上げたいと思うのですが、まず「紙」は名刺印刷用の紙が家電量販店で販売しています。紙質にもよるのですがだいたい500~1,000円ほどが多いです。20シートあり、1シート10枚作れるので、計算すると200枚作れる計算です。プリンターはインクジェット式・レーザー式などがあるのですが、一般的に出回っているインクジェット式のものは安くて8,000円、高くて30,000円ほどです。他にも名刺作成ソフトは10,000円を見積もった方が良いです。

名刺印刷業者に頼むときのコストは?

では名刺印刷業者に頼む場合はいくらになるのでしょうか。正直言うと業者の数は数多く存在しており、値段もピンからキリまであり、それぞれのスタイルに合った名刺印刷業者に頼んだ方が良いと言えばそれまでと言えます。しかしながらどれくらいになるのか、探してみると安い業者では100枚で990円から行ってくれるところもあります。もちろんシンプルな作りになりますし、業者の中にはあらかじめ自分自身で名刺のデザインを行う必要のある名刺印刷業者もあります。そのため自分自身が名刺を作ることができるのか、他にもオーダーメイドの名刺を作ることができるのか、あらかじめ決められていて、必要な情報だけ入力するだけで頼んでくれるかで分かれます。ただ共通して言えるのが金額的には数千円を見積もった方が良いと言えることです。”